国内でVAC BANされたプレイヤーの現在について

国内でVAC BANされたプレイヤーの現在について

皆さんこんばんは。
現在国内でプロゲーミングチーム”Led Gaming”にてVALORANTのプロプレイヤーとして活動予定の元CSGOプレイヤー「すこ」氏に関して、S5Projectsとしての認識及び見解をこの場にて綴らせて頂けたらと思います。(参照:Twitter)

S5Projectsとしての認識

S5Projects(以下、当団体)の認識では「すこ」選手(以下Howzer氏)は過去に”Howzer”という名前で活動しており、去年2月17日には”PNG ESPORTS” CS:GO部門として参加し、プロプレイヤーとしての活動を続けていました(参照:PNG ESPORTS : CSGO部門設立のお知らせ)。

ただし、CS:GO部門設立直後よりコミュニティ内より「過去にvacbanを受けたプレイヤー(raykyun)では」という指摘の声があり、当団体も信憑性の高いものだと判断して注視しておりました。
翌3月5日にはPNG ESPORTSよりHowzer氏を擁護する投稿があり、同5日には「証拠の提出が不可能」という理由より脱退しております(参照:PNG ESPORTs : CSGO部門所属 Howzer選手の過去のチート疑惑騒動について)。

その後Howzer氏はSteamsサポートに英語にて問い合わせを行い、「誤BANであり、対策チームが立ち上がった」という旨の返信がされた事をHowzer氏がTwitterにて公言していましたが、Howzer氏がTwitterに上げたスクリーンショットではそのような文章は見受けられず虚偽の主張であると認識しております。
Steamサポートとの問い合わせ・翻訳文に関しては、「FPSを科学する(CS:GO Library) 」様より「steamサポートからの返信文翻訳」、「CS:GOを学ばなくなったブログ」様より「Howzer氏へのSteamからの返答を翻訳」を参考にして頂ければと思います。

また、事の顛末に関してはEROC様ブログより、『「CSGO部門所属 Howzer選手の過去のチート疑惑騒動について」というPNG様のご報告を見て 』を参考にして頂ければと思います。

S5Projectsの対応

この発表により当団体はHowzer選手を潔白ではないと認定し、当該選手はVACBANされた経歴がある人物だという認識をしております。
そのため、FIVESCUP 共通ルールに基づき該当人物のS5Projects主催大会への禁止処分を下しております。
また、そのような選手が名前を変更し、今後競技シーンが形成されると思われる新タイトルVALORANT でプロゲーマーを目指す事を大変遺憾に思います。
また、これを支持するチーム・スポンサーの皆様にも正しい判断をして頂ければと考えております。

最後に

公平な競技により成り立つEスポーツ分野にて、チート行為を働いたという証であるVACBANを受けたプレイヤーを野放しにすることは、長期的に見れば国内の競技シーンを脆弱にし、崩壊させる危険を孕む行為です。
コミュニティCS:GOプレイヤーの皆様、チームを運営するスタッフの皆様、それをサポートする関連企業の皆様や大会を運営する皆さまに、今一度正しく冷静な判断をして頂けることを祈っております。
何卒宜しくお願い致します。

ニュースカテゴリの最新記事